最新の記事
最新コメント

母「嫁子さん、おつかれさま!」嫁「帝王切開で産んだ人は私の苦労は分かんないんだよ!」→ 出産後の嫁が不機嫌...

このエントリーをはてなブックマークに追加
343: 素敵な旦那様 05/01/16 13:09:28
争いって言うか、嫁が一方的に母を嫌っている。
出産の時も、嫁が良いと言うまで病院に来なかった母が

続きを読む

?「おうぉっおおおおおぉぉぉぉ」私「!?」→ 頭を洗っている時に...

このエントリーをはてなブックマークに追加
297: 名無しさん@HOME 2012/07/06(金) 16:55:41.75 0
投下。
姉とお風呂に入った時のこと。
私が頭を洗っている時に浴槽から「おうぉっおおおおおぉぉぉぉ」とか訳の分からない
声が聞こえたわけですよ。

続きを読む

私「なにこれ...」犯人「見られちまったか、それなら...」→ 血だらけの女性を発見し叫ぼうとしたら...

このエントリーをはてなブックマークに追加
232: 名無しさん@HOME 2011/08/31(水) 21:14:12.76 0
母が体験した修羅場。今から約50年前のことです。

母は当時小学生。母の実家は、大きな商家で住込みの弟子が常時15人以上はいた。
母を含め経営者一家は3階だての3階、弟子は2階、トイレや風呂などは一階。
そんな感じで住んでいたそうだ。

ある夜、小学生だった母が夜中に尿意を覚えてトイレにいこうと、1階までいくと血だらけのみたことない女性が倒れていた。
びっくりして叫ぼうとすると、後ろから手でロを塞がれて意識を失った。
ここで一端、母の記憶は途切れます。次に気付くと病院のベッドで目を覚ました。

母のロを塞いだ犯人は、当日住込みで働いていた弟子の1人で、母がみた血だらけの女性はその弟子の恋人で、別れ話のもつれから刺したそうです。
祖父は夜中に弟子が抜け出していないかみるために、真夜中に巡廻しており、ちょうどその時にロを塞がれて意識を失った母を発見。
そのまま、弟子と格闘し、祖父も刺されながらなんとか身柄を確保し警察につきだしたそうです。

女性や祖父を刺した包丁が、祖母のものであったことや弟子を監督できなかった責任者をとって、事業は縮小し、
預かっていた弟子は全員祖父の知人に託したそうです。
それ以降は一族だけで事業をすることになり今に至っています。

続きを読む

業者「料金は237万円です」母「弟に似てるから買っちゃう!」私(お母さん騙されてる...)→ こうなったら...

このエントリーをはてなブックマークに追加
952: 名無しさん@HOME 2013/04/18(木) 02:06:55.63 0
流れは読まない
まあ修羅場かって言えば違うかもだけど

3日ぐらい前かな?怪しげな業者が家に来た。

続きを読む

【武勇伝】母は障害者で足が悪い → JK「障害とか持って産まれたのが悪いんじゃんw」母「・・・・」私「あ?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
346: 1/2 2009/02/26(木) 18:56:41 ID:YW9GoYlg
長いです。

昨日母とバスに乗った時の話。

続きを読む

【修羅場】サツキが包丁を持って「トトロを出せ」と乗り込んで来た...

このエントリーをはてなブックマークに追加
205: 恋人は名無しさん 2006/07/28(金) 22:19:02
最近修羅場というか、しょうもない出来事があったので投下します。


私(♀):24歳
トトロ(♂):私の兄。29歳
サツキ(♀):兄の奥さん。29歳
メイ(♀):兄のウワキ相手。?歳

続きを読む

母「お兄ちゃんが大変だ!」私「ただの風邪でしょ?」→病院に行かなかった結果...

このエントリーをはてなブックマークに追加
708: 名無しさん@HOME 2013/09/19(木) 08:58:05.49 0
あ、上げてもうた・・・・

さてぶった斬り&連投になってスマソ
そして、グロ?と長文注意。
私が中学上がりたてのときの家庭内修羅場。
当時、兄も高校にあがりごく普通の生活を送っていた家族。
ある時、兄が風邪を引いて寝込んでしまった。
母は普通の風邪だと思って普通の看病をしていた。
市販薬とかも飲ませてみるけど何日経っても治らない。
とうとう兄の意識が朦朧としてきてほっぺた叩いても「うぅー・・・」としか言わない。

続きます

続きを読む

母「ごめーんw 間違えて見ちゃったw」兄嫁「もう別れます」→母のせいで兄夫婦は離婚した...

このエントリーをはてなブックマークに追加
111: 名無しさん@おーぷん 2015/04/05(日)14:22:13 ID:vwr
私の母は 心がけが悪いというか、それって普通やらないでしょうという非常識なことをしたり、下品な噂話をしたりする

続きを読む