最新の記事
最新コメント

嫌味

【後悔】夫「二十歳になったら大学やめて結婚すれば自由になれるよ!」私「そうね!」→ その選択は間違っていた...

このエントリーをはてなブックマークに追加
671: 名無しさん@HOME 2012/02/26(日) 11:37:41.79 0

二十歳で結婚した元夫が今思えばエネミーだった。
交際当時はまだ学生で親に結婚を反対されてた。
バカだったので反対されれば反対されるほど、早く自立して自由に生きたいと思うようになった、本当にバカ。
当時元夫は30代。
年齢だけで反対されてると思い込んでたけど、親は正しかった。
学生で脛かじりだから親に半人前と思われてるんだよ、二十歳になったら大学やめて結婚すれば自由になれるよと元夫に言われその通りにしてしまった。
その時は私の自立を促してくれる大人に思えたけど、一回りも年下に中退を迫るなんて単なる最低男だと今は思える。
住むところが無いだろうから僕の実家に置いてあげると言われて、行くところのない私を受け入れてくれるなんていい姑だと思い込んでた。
現実は汚家の家事に姑の嫌味、何もしない舅の暴言と働かない年上義弟のセクハラだらけ。
しかもエネミー夫は生活費を渡してくれない。
当時の私には亡くなった伯父のおかげで不労所得があったのでそれでなんとかしのいでた。
それでしのいでたのも元夫が「君がちゃんとお金を出して一人前のところを見せれば僕の家族も認めてくれるよ」と言ったから。
それをおかしいと思わず、いつも私のためにアドバイスをくれてると思い込んでた。
実際、甘やかされて生きてきてたので、掃除洗濯料理を一切したことがなく、お風呂にお湯を張る前に洗わなくてはいけないことも栓しなければならないことも知らなかった。
勝手に中退して結婚したのを心配した親がしょっちゅう会いに来たけど、それも親に反対される攻撃されてると思い込んでて、
親を追い返してくれる元夫や義実家を味方と思い込んでた。
「あいつら(私親)が君に何かしようとしてるけど、僕が守ってあげるからね」
「うちの親はきついけどいざとなったら(君の親から)君を守ってくれてるだろう?」
本当に信じてたバカ。

続きを読む

私「叔父の会社で働いておいてよくウワキできたな!」夫「いずれ俺の会社になるんだから、細かいことは気にするな」← はあぁぁ???

このエントリーをはてなブックマークに追加
97: 名無しさん@HOME 2009/02/01(日) 09:47:14 0
本日ケリのつく話なので記念投下www
興奮していて昨夜眠れなかったので、頭を冷やすためにも・・・。

結婚した頃は良ウトメだった。(5年前)
私は高校生の時に両親をなくしたので、いいお父さん、お母さんができたと本当に喜んだんだよ。
でも、遠距離に引っ越して、年何回しか会わなくなったら、チクチク嫌味やら言われるようになった。
残念だったけど、まぁ、そんなもんだろうと(友人の愚痴とか聞いてて)思ったので、流していた。
そんなに酷い嫌味でもなく、基本的にはいい人達だったので。


続きを読む

【修羅場】嫁「ボーナスは?」旦那「ごめん、使い切った...」嫁「はぁ?」→ こいつ浮気してんじゃねーか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
738: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/02/16(月) 12:23:59.80 .net
どのくらい前からか忘れたが、嫁があれこれ物を欲しいとロにしなくなった。
ずっと同じ洋服で、美容室も年に2~3回、どこかに行きたいとも言わず
引きこもりになって、俺が出張だとひとりで自由だからと喜んでいた。
嫁に嫌われていると思い、出張で不在になる時でも金を渡さず、出張先では
同僚や客と飲み食いしたり風◯にも行っていた。
ただわざと金を渡さなかったのではなく、何も言ってこないから不満はないと思ってた。
が、昨年の夏に経済DVだとキレられた。きっかけは夏のボーナスを使い果たしたことが
通帳の記帳でバレた。嫁はフリンをしていて女と遊び歩いているんじゃないかと
思い、出張で不在の時に家捜しされた。
帰宅したら嫁がウワキしやがってと泣きわめいた。そこで風◯バレした。
夏ボーナスは同僚や客との飲み食いやプライベートな旅行(女とではない)で
内訳はあまり覚えていないがそんな感じで使い果たした。
嫁の為には2回ほど飲みに行ったくらい。
出張で不在の時にトイレットペーパーがなくなり、それさえもお金がなくて
買えなかったのが惨めで相当辛かったようだ。嫁は経済DVされていると思い込み
出張で不在になると喜んでいたと言われた。
モラハラにしても専業の嫁にしてみたら、養ってやってるという言動をするので
自分の物を買って欲しいとは言えなかったらしい。
モラハラ経済DVはそんなつもりじゃなかったと釈明したが、ナチュラルにモラハラ
経済DVできるんだねと言われた。
今はモラハラと思われる言動もしないし、お金もまだあるかと聞いて、なければ
渡すようにしている。でも時々嫁からキツイ嫌味を言われて疲れる。

続きを読む

【モラハラ】俺「掃除しないの?」嫁「疲れてるの、あなたはやさしさが足りない」→ 『やさしさが足りない』って嫁の得意技。

このエントリーをはてなブックマークに追加
598: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/11/19(木) 10:50:57
「掃除しないの?」
「今週末やろうと思ってた」
「先週もそう言ってたよね」
「疲れてるの、あなたはやさしさが足りない」
「じゃあ俺がやるよ」
「今週末やるっていってるのにイヤミ?あなたはやさしさが(ry

「やさしさが足りない」って嫁の得意技
食事に文句つけたこともないし、帰りが遅ければ自分で食ってる
洗濯だって俺が干してたたんでる(嫁は洗濯仕分けてスイッチいれるとこまでしかしない)

2週間くらいソファに出しっぱなしになってた嫁の雑誌とか服とかを
片付けろって意味をこめて嫁の枕元に置いて出かけたら
わざわざテーブルの上にぐちゃぐちゃに広げて置いてあった
ア゛---------------
俺ってやさしくないの?

続きを読む

【スカッと】トメ「あんたはウルトラの母みたいだね」私「お義母さんはダダみたいですねw」

このエントリーをはてなブックマークに追加
471: 名無しさん@HOME 2007/06/29(金) 15:56:02 O
携帯だから見づらかったらスマソ。

いつも嫌味いっぱいのトメ、今日は息子とウルトラマンの本を見ながら
「あんたはウルトラの母みたいだね」と訳ワカメな事を言ってきた。もはや嫌味なのかすら不明。
とりあえず、「お義母さんはダダみたいですね」って言ってみた。

ダダを怖がって嫌っている息子は私の発言を聞いて
トメ=ダダだと思ったらしく、半ベソかいて今も義母から逃げ回っている。
息子、怖がらせてごめん…

続きを読む

同僚「どんなサプリ飲んだの?」私「サプリはやってない」同僚「嘘つけw本当の事白状しろよw」→ ダイエットに成功した結果...

このエントリーをはてなブックマークに追加
16: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)23:23:17 ID:5QQ
今日、職場の同僚と喧嘩になった。
理由は私がどうやって痩せたか本当の事を教えないからだそうだ。


続きを読む

【頑張ろう】私「だめなお母さんだね」息子「よしよし」→ 義実家から嫌味の日々に自信をなくしていたら...

このエントリーをはてなブックマークに追加
689: 名無しの心子知らず 2013/07/28(日) 22:01:10.00 ID:lVq5kOkm
7ヶ月息子のはいはいや離にゅう食がすすまず義実家からは嫌味の日々。なんだか急に自信をなくして、「だめなお母さんだね」と抱きながら泣いてしまった。
すると息子が私の頭に手をのばし、よしよし、よしよしとなでてくれた。髪を引っ張られると思って身構えていた力がすっとぬ.けて今度は嬉しくて泣いた。それを見てニッコリ笑顔の息子。
私がぐずってるときになでてるの覚えたのかな?また頑張ろう。幸せ。

続きを読む

私「お昼召し上がりました?何か作りますよ」トメ「う...」→ 何度断ってもイヤゲモノを勝手に置いていくトメに反撃www

このエントリーをはてなブックマークに追加
537: 1/3 2008/08/08(金) 14:48:30 0
勇者の皆様を参考にさせていただき、先日プチですがDQ返しを実行してみました。
長くなりましたが、投下させて下さい。

常に上から目線でテンプレイヤミ・アポなし凸・イヤゲモノな近距離別居糞トメ様。
旦那はちゃんとかばってくれるし、ネチネチ嫌味はたいてい同じことのループなので、基本聞き流し。
あんまりかちんときた時は、勇者の皆様を参考にして偽装天然返し。
凸はよほど暇な時や気が向いた時だけ上げてあげて、後は居留守。
結婚5年目。いつもそんな感じなので、糞トメ様には蛇蝎のごとく嫌われています。
でも何度断っても勝手に置いて帰ってしまうイヤゲモノだけは、捨てるのが面倒なのでちょっと困っていました。

いつのものように、旦那のいない土曜日を狙って糞トメ様凸してこられました。
私はちょうど、遅めのお昼御飯を食べていました。
『ちょっとお友達のところにいった帰りに寄ってみた』そうです。
お友達居たんですか? 近所ではあんなに嫌われてるのに、嫁子意外です。
午前中にお掃除を済ませた部屋を見て回り、糞トメ様は御不満そう。
何度も言うようですが、基本的に寝室にはカギがかかってますよ。
ガチャガチャしても開きません。
しかしダイニングに入ったとたん、糞トメ様のお顔が輝きます。
テーブルの上には、私がお昼御飯に食べていたイクラの醤油漬けがありました。

続きます。

続きを読む