最新の記事
最新コメント

嫁イビリ

女性「庭の花全部撤去するわ!!」私「!?」→ DQ返しを見てしまった...

このエントリーをはてなブックマークに追加
36: 名無しさん@HOME 2008/07/24(木) 09:03:42 0
DQ返しを見てしまったので。

連休前の早朝(まだ新聞配達も来ない時間)、一晩眠れなかったから犬と散歩してたら
近所の人の家の庭で、見知らぬ若い感じの女性が、そこの庭の花を容赦なくぬ.いてた。
驚いて声をかけたらその人は逃げ、ようとして転んだ。脚痺れたらしい。
ちょっと考えたが、申し訳ないと思いつつもその家の奥さんに声をかけて起きてもらった。

若い女性は奥さんの息子の妻(別居。道理で知らん。私は最近越した人間)。
嫁は奥さんのやる事、言う事が全て気に入らなかった、だから仕返しに花をぬ.いた。
庭に塩も撒いた(漬物に使うような大きいのの空袋を3つ確認)。
らしい。植物に罪ないのに。

奥さんは至って常識人で、見る範囲ではイビリとか何とかする感じの人じゃない。
引っ越してきた私にも距離を保って色々教えてくれたし。

家庭内の事は何も判らないけど、夕べ、奥さんが挨拶に来た。
ちょっとだけ教えてもらったけど嫁は実家に一時戻る、旦那さん(奥さんの息子)も
何か思うところとか考えるところとかあったらしい。
庭は今日も造園屋さんが修復してる。

続きを読む

【スカッと】夫「母さん、せっかく嫁子が作ってくれたんだ。残さずに全部食べろよ」トメ「こんなところに二度と来てやるか!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
609: 1/2 2007/06/26(火) 18:47:30 0
もう無理って言っても人の皿に勝手に食べ物を入れて、
残すことは許さないわかりやすい嫁いびりをする。
トメの料理はすべて塩辛くて、そのうえ白いご飯にまで塩をかけて食べてる。
食事中はずっと愚痴愚痴愚痴愚痴言って、
楽しい話題は何ひとつ出てこない。
ロを開けば意地悪ばっかりとめどなく出てくる。

年に一度の偽実家訪問のたびに毎回同じことをするんで、
夫が「偽実家では食事をしない。宿泊はホテル」と宣言してくれた。
それに怒ったトメが遠路はるばるアポなしで来やがった。
そこで夫とおもてなしの作戦会議。


続きを読む

【スカッと】トメ「離婚するっていうのは息子も悪かったけどあなたもねぇ」私「ご自慢の息子さんにバツがついちゃいましたねw」

このエントリーをはてなブックマークに追加
313: 名無しさん@HOME 2007/06/25(月) 19:30:42 0
ポストが赤いのも嫁のせいレベルのいちゃもんつけする糞トメ。
旦那と離婚が決まった時、最後の挨拶をしに来いというから行って
思う存分言い返してやった。


続きを読む

ウトメ「夏休みでしょ?こっちに来なさい」私「りょ!」→ 我が家の息子とその友達連中&引率のママ友総勢15人で押しかけてみた結果...

このエントリーをはてなブックマークに追加
140: 名無しさん@HOME 2007/08/13(月) 16:16:00 0
自分的には、かなりすっきりな夏休み。でもかなりDQかも

こき使う為だけに毎年呼びつけ、いれば恒例の嫁いびり
旦那は見てみぬ降りのアホ!もうウンザリだったので
前より兼ねて計画していた事を実行してきた。

旦那実家は農家で家だけはやたらに広い日本家屋。
そして、仏壇があるわけでも無いのに先祖が
お盆行事がと五月蠅いウトメ。(箸の上げ下ろしまで文句言われる)

小3になる我が家の息子とその友達連中、うちら夫婦と
引率のママ友達総勢15人で押しかけてみた。
(自分とこの偽実家に行きたくない奥に協力してもらった)

期間中は、上を下への大騒ぎ。合宿みたいで子供達おおはしゃぎ
旦那は、昆虫博士!と子供達からの尊敬のまなざしに
すっかり気をよくして引率しまくり。水位は足首くらいまでしかないが
やたらに綺麗な沢があるので、魚釣ったり(山女とか岩魚とかとれる)
私は、ママ友達と井戸端会議。夜はみんなで広い敷地でバーベキュー。

他人には良い顔したがりのウトメ。何も言えずにうちらの接待
相当へとへとになっていた模様。そりゃ元気な男の子がわんさか
いるもんねぇ。子供らに夏休みの思い出を提供できて、いつもの
嫌味もなくこき使われる事もなく、楽しく帰ってきました。

最高のDQは、この人数で行くという事をうっかり言い忘れた事

続きを読む

【因果応報】ウトが煙草の火をつけたまま寝ていた。私「お邪魔しました~」→ そのまま帰宅。結果...

このエントリーをはてなブックマークに追加
734: 名無しさん@HOME 2007/08/17(金) 00:53:04 O
流れ読まずに投下。

今まで敷地内別居ウトメから嫁いびりというか刑事事件になるいじめ?を受けてきた。
旦那は海外赴任で盾にならず、被害を訴えてもできることに限界があった。
そして実家も遠く、携帯の電波も入ったり入らなかったりで
友達にもろくに相談もできなかった。

心身共に疲れ果て、自札の文字が頭に浮かんでいたころ、
ウトメ宅に呼び出され、帰る時にウトがタバコの火をつけたまま寝ていました。

が、そのまま帰宅。
そして言いつけられた買い物へ。

続きを読む

妹「もう無理、身体壊した」私「まじか...」→ 結婚して同居していた妹が嫁いびりに遭い帰ってきた。私も我慢できなくなって...

このエントリーをはてなブックマークに追加
879: 1/2 2007/08/31(金) 16:31:35 0
流れ豚切で投下。
妹義実家の話だから、ちょっと違うかもしれないんだけど…
個人的にすごくスカッとしたので書かせてもらいます。

結婚して同居していた妹が、トメからテンプレ通りの嫁いびりに遭い、
病んで身体を壊して実家に帰ってきた。
聞いてるだけで胃が悪くなりそうな話で、両親も実家にいることを勧めてた。
色々あったけどそのまま離婚という運びになり、体調が悪い妹にかわって
(実際顔も見たくない様子だった)私と旦那が妹の荷物を取りに義弟家に行ってきたんだ。

妹のトメは会うなりトメトメしさ満載で(義弟は休みが合わず家にいなかった)
「ウチのものは持ってくな」「それは本当に嫁子のか。ムチュコタンのじゃないのか」
「こんな短期間(結婚期間1年ぐらい)でなんのために嫁にきたんだか」
「世間体が悪い」「ムチュコタンがかわいそう」「家目当てだったのか(普通の一軒家です)」
って、私たちをずーーーっと見張りながらつぶやいてた。

続きを読む

コトメ「嫁子ちゃん掃除もできないの~?これじゃあ新居はすぐにゴミ屋敷ね~」私「...」→ 最初は仲良くしなきゃと思って下手に出てたけど...

このエントリーをはてなブックマークに追加
274: 名無しさん@HOME 2007/09/10(月) 19:04:42 0
暴力嫌いな人スルーしてください。



コトメにずっといびられてきた。
性格悪すぎて30過ぎなのに友達一人も居ないから
年下の私は格好のターゲットだったらしい。
例えばコトメ宅の掃除させられると、きれいにしたところを
コトメが自分でもう1回こっそり汚しておいて
「嫁子ちゃん掃除もできないの~?pgr
これじゃあ新居はすぐにゴミ屋敷ね~」とか言う。
こういう無意味に人を貶める事が大好きな性格破綻者。

最初は仲良くしなきゃと思って下手に出てたけど
エスカレートする一方。夫も最初は
「言っても通じないから悪いと思うけど我慢して」だったのが
調子に乗って「そのくらいのことで」に変わりこの頃では
「家族なのに悪く言うなんて心狭い」とどっちの味方か分からん。
(ちなみにトメはまあ普通。遠距離なので関わり薄)

続きを読む

【スカッと】姑「この女腹め!男生めなくて何が女だ!」私「」→ だけど事態は急転。夫と舅が...

このエントリーをはてなブックマークに追加
82: 名無しさん@HOME 2007/11/02(金) 17:54:55 0
空気読まずに投下。
余りスカとはしないかもだけど。
あと、暴力ネタなので嫌いな人はスルーで。

結婚後すぐ同居。
それ以来、テンプレ通りのイビリをしてくれた姑。
そして、争いごと大好きで姑と争ってる時に嬉しそうに顔を出す姑姉。
私が娘を産んだときなんて、二人して「この女腹め!」「男生めなくて何が女だ!」と散々罵る。
だけど、事態は急転。
私が、とある病気をして手術をした日の事。
目を覚ますと、夫と舅がなんかニッコニコ笑って立っている。
勿論、私が大ッ嫌いな筈の姑がいなくて、「ああやっぱり見舞いにも来ない、でも静かでいいや。」って思っていると、二人から衝撃の言葉が。
私を疎ましく思ってる筈の姑が、手術中に何度も通りかかった医者や看護婦につかみかかったそうな。
「あの子は助かるの?」「手抜き手術なんかしたら承知しないよ!」「お願い!今どうなってるの!教えて!」
何度も何度も、心配そうに手術室を行ったり来たりもしたらしい。
舅が「あれ?お前、嫁なんて嫌いだと言ってなかったか?」って言うと、ふんとそっぽを向き、
「別に、心配なんてしてない!」と、真っ赤になって誤魔化したそうな。
つまり、寂しくて相手をして欲しくて、イヤミを言ってる。そんな感じ。
私はその時信じられず、「私が死ねばいいと思ってわざとやったんじゃ?」ってひねくれた考え方までした。
退院後も、相変わらず口が達者な姑だったが、
「この病気にはコレがいいんだとさ!あんた無知だから知らないでしょ!」
と言って、何気にドサッとリビングに病気についての本を投げ出したり、
「あんたなんて、どーだっていいんだけどさ、一人になったら息子ちゃんがかわいそうでしょ!」
と、熱を出した私を気遣って、イヤミをいいながらも家事や娘の世話をしてくれたり。
その頃から私は、姑は本心でイヤミを言ってるわけではなく、相手をして欲しい弱い寂しがりやかと思い、普通に「はいはいワロスワロス」で聞いていた。

別に、私はすべての暴言を許したわけではなく、姑を受け入れようと努力をした。
そんなさなか、舅が今年の5月に亡くなった。
姑は、その日からボヤッと仏壇の前に座ることが多くなったし、イヤミもピタリといわなくなった。

続きを読む