最新の記事
最新コメント

スカッと

【武勇伝】おばさん「自分の切符とあんた達の切符を取り替えろ!」親子「...」お姉さん「ちょっとよろしいですか」

このエントリーをはてなブックマークに追加
718: スペースNo.な-74 2009/12/26(土) 02:37:51
ギャップに和んだので投下


駅で電車を待っていたら、少し離れた所で同じく電車待ち中らしい女性三人が何やら揉め出した。

続きを読む

有名大学卒の新人「高卒かよww」私「...」→ 時々本音がこぼれ落ちる程度だったのでとりあえずは円満に付き合ってました。が...

このエントリーをはてなブックマークに追加
120: 1/2@\(^o^)/ 2016/01/18(月) 22:22:28.34 ID:GGaa7r2i.net
技術と実力があれば(一応)学歴不問の職場に勤めていた時の事です。

仕事の性質上、必然的に高学歴の人が多く、そんな中で私のみ底辺おバカ高卒でした。
が、職場は学歴差別とかはなく、あくまで実力重視で和気藹々。
そこへ有名大学卒の新人さんが入ってきました。
最初は普通に話していたんですが、私がバカ高卒だと知ると、軽く見下す感じになっていきました。
気持ちはわかるんだけど、その職場でそういう態度はちょっと珍しかったので内心イラッ。
とはいえ、私の方が先輩である事から、一応気を使っているのか、表面上は普通に接してきてて、
時々ポロッと本音がこぼれ落ちる程度だったので、とりあえずは円満に付き合ってました。

続きを読む

部長「無能な人間は辞めろ」課長『無能な人間など一人もいない!』部長「これやったら誰か氏ぬんか?」課長『俺が氏ぬんや!』→ すると課長...

このエントリーをはてなブックマークに追加
42: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 11:27:37.84 ID:Hspu2fLu.net
昔の職場の課長が無理難題を押し付けて来るときのロ癖が
「何か問題あるんか?これやったら誰か氏ぬんか?」だった。それで誰も言い返せず
2徹とか3徹とか普通にやらされてた。今思うと一般的な社員の3倍は仕事をこなしていたと思う。
時代はバブルだったからぜんぶ残業代は出たので、入社4年目の俺でもピーク時の
手取りは100万近かった。いろいろとおかしな時代だった。

続きを読む

祖母の武勇伝。母「親には子供に意見を押し付ける権利がある!」祖母「じゃあ、お前は氏ぬべきだ!」母「!?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
492: 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)23:59:02 ID:xxG
俺じゃなくて祖母の武勇伝

まだ俺が実家にいた頃、姉ちゃんの習い事のことで大揉めに揉めて家族会議に発展した日の夜

続きを読む

【スカッと】ママ「子供のしたことだから~、いう事聞いてくれなくてぇ~」→ ごめんの一言も言えない馬鹿ママに被害者が一言!

このエントリーをはてなブックマークに追加
511: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)21:14:51 ID:rbY
子供だから~
子供のしたことだから~
を免罪符に近所でやりたい放題の馬鹿親数名
子供も勿論猿、野猿
洗濯物汚されたり花壇掘り返されたり勝手に家に入られたりと被害はしょっちゅう
それでも子供が子供が~で有耶無耶にされてた

続きを読む

【スカッと】トメ「女は結婚して子供を産んでこそ一人前なのよ!」私「そうなんですか?」→カチンときたので....

このエントリーをはてなブックマークに追加
450: 名無しさん@HOME 2005/12/26(月) 12:18:01
トメは普段から「孫が欲しい。早く孫を産め」としつこくてウザ-。
年末年始は義実家行かないつもりなのでクリスマスのきのう義実家訪問。

続きを読む

A「私子の母ちゃんすげえデブじゃんw」私「病気して薬の副作用で太っちゃったんだ」A「言い訳乙www」→ 10年後...

このエントリーをはてなブックマークに追加
530: 名無しさん@おーぷん 2016/01/22(金)12:53:24 ID:PMR
武勇伝ではないけどスカッとしたので。

高校生の時に、母親が介護鬱になって
祖母が亡くなったあとも体調が悪くて投薬が続き一気に太った。
ある日、文化祭の打ち合わせで友達が数人うちに来た時、
Aが「私子の母ちゃんすげえデブじゃん」って笑ったんだ。

続きを読む

友達「最近俺くんが投資で大儲けしたらしいよ」元彼女「復縁する?」俺「草」→ まんまと引っ掛かったwwwwwww

このエントリーをはてなブックマークに追加
606: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/21(金) 11:39:59.82 .net
嫁ではないんだけど四年後に復讐した話はここでいいの?

続きを読む