最新の記事
最新コメント

スカッとした話

コトメ「ゴリラになっちゃうぞ、うっほほー」トメ「 ! ! ! 」→ コトメがスカしてくれたwwwww

このエントリーをはてなブックマークに追加
799: 名無しさん@HOME 2010/02/08 18:58:02
もともと私が気に入らなかったトメだが、私に未婚の姉がいることを知って更に気に入らなかった様子。
けど結婚式で姉に会ってころっと態度が変わった。姉は遺伝子がどうなってんのかすごい美人なんだ。
「お姉さんが夫君のお嫁さんならよかったのに~」とことあるごとに言うようになった。
そのたび夫が「俺は嫁子の方が好み。あんな美人は疲れる」と言い続けてくれたんだけど、
最近ではトメがしつこくて面倒なので、夫婦そろってスルーしてた。
こないだの正月もトメが「お姉さんが夫君の~(ry」と言い始めたら、コトメさんが
「よかったじゃん、嫁子さんで。お母さんなんて嫁子さんと並んでもちょっとアレだけどさあ、
あのお姉さんと並んでみ?ププッお姫様とピ工ロみたいにしか・・・プッごめん、姫とゴリラかもプププッ」
何言ってるのよ!と顔を真っ赤にするトメに
「ほんと嫌らしい嫁いびりだわー。そんな鼻の穴膨らませてるとほんとにゴリラになっちゃうぞ、うっほほー」

ウケタ。スカッとしました。

続きを読む

トメ「お祝いなら直接会って渡すのが一番いいのに」義兄「簡単に来れる訳ないだろう!!」→ トメ沈黙...

このエントリーをはてなブックマークに追加
41: 名無しさん@HOME 2010/02/25 20:32:21
先日、車で2時間程の義兄宅にトメ連れて行ってきた。
最初は息子二人目の前に居ると言う事もあって何も言わなかったが、
段々とボロが出始めるトメ。
そこに義兄嫁の伯母?からお祝いの現金書留が届いた。
それに関しても「直接会って渡すのが一番いいのに」と言いだしたが、
「義兄嫁のおばさんは○○に住んでてそんな簡単に来れる訳ないだろう!!」
と義兄が怒鳴り、トメ沈黙。

ったくこのババァは…という空気の中、今度は義兄嫁父からの電話。
「今お客さん来てるから、後で電話するね」と義兄嫁が電話切ったらトメが怒りだした。
「お客さんとはなんですか!私は義兄の母親よ!?」
って、だってここお前の家じゃないじゃん。
義兄も夫もトメをガンガンに〆上げたが、面白くなかったトメは
「大体嫁子さんとこは礼儀に欠く人ばかり!
お祝いも書きとめ、お手紙も何も入って無し!
こっちが送ったお中元のお礼も電話一本!!
ここは礼状をしたためるのが当然でしょう!」

ちなみにトメは義兄嫁実家からちゃんとお中元を貰っており、
裕福な義兄嫁実家のお中元は超豪華(それに比べてあなたのとこは…と言われたので知ってる)、
でも「こっちも送ったんだから礼なんて言わなくていいわよ」と何もせず、
義兄嫁実家からのお礼の電話に、「こちらこそ…」など言わず、
ただ偉そうにお気になさらず~的な事を言ってる。

「大体私は電話が大っ嫌いなのよ!それを知ってて電話だけで済ますなんておかしいわ!
人が嫌がる事をするなんて!
お父さんが生きてたら義兄嫁も嫁子(私)も○○家にはいられなかったわ!」
とまくしたてた。

続きを読む

子供「もしかして、エスパーですか??」義姉「えっ」→ 知ったかぶりが破綻した義姉wwwww

このエントリーをはてなブックマークに追加
150: 名無しさん@HOME 2010/03/06 11:18:03
甥や姪にああだこうだロを出す洗濯小梨の義姉。
学校の造りとか、勉強のこととか、習い事とか、ママ友とか、ドッジボールとか、最近のことは知らないはずなのに話し始めると長い。
たまたま居合わせたうちの子供の友人(小1。妙に利発なおぼっちゃん)がひとこと。
「こんど、おばちゃんちの子と遊ばせて!ドッジボールやりたい!」

「ごめんねー。おばちゃんのうち、子供いないのよー」と義姉。
「でもすげーくわしいじゃん!!もしかして学校の先生ですか!」と子供の友人。
「それも違うのよー。」と義姉。
「えーそうなんですか!じゃあ学校の用務員さん?ドッジボールの先生?ドッジボールの会社の人?」と食らいつく子供の友人。
「それも違うのよー。学校関係の仕事もドッジボールの仕事もしてません」と義姉。
「えーじゃあドッジボールやってるんだ!大会とか出てるんですか!大人のボールって、当たったら痛いですか!!」と、テンションあがってもう引き下がれない子供の友人。
「いや、ドッジボールは。。。べつにやってない。。。てゆうか知らない。。。」とついに破綻した義姉。

「えっ知らないの!でもすげー知ってるますよね!!」といったところで、子供の友人は我に返り、
「もしかして、エスパーですか??」と神妙な顔で質問。

これ以来、知りもしないであろうことを知った風にしゃべることを「エスパー」というようになった私たち夫婦。
そして息子の友人が来ないことを確認してから我が家に来るようになった義姉。

続きを読む

トメ「だって嫁なんだから」トメ友人「あなたも嫁でしょう」←これ

このエントリーをはてなブックマークに追加
202: 名無しさん@HOME 2010/03/09 02:13:39
トメ「うちの嫁ったらこの三日一度も赤ちゃんを外に出してないのよ」
トメ友人「この大雪の中赤ちゃん出すひとがいるはずないでしょう」
トメ「洗濯だって午後の日が落ちてからするのよ」
トメ友人「雪だからどうせ中で干すのに、いつ洗濯したって同じでしょう」
トメ「最近手をぬいた料理ばっかりで」
トメ友人「あなた赤ちゃんの世話で忙しいひとにごはん作らせているの?」
トメ「だって嫁なんだから」
トメ友人「あなたも嫁でしょう」
トメ「なによ、あなたも嫁とおんなじようなことばっかり」
トメ友人「あらあら、あなた氏んだほうが赤ちゃんのためでしょうねえ。ほら氏ねっ!」
私「ブフォッ」
トメ「ちょっと!あんたそこで聞き耳たててたわね!」
トメ友人「嫁ちゃん、夫さんが出張から帰ってきてくれるまで実家にお行きなさいよ」
私「あ、はい。今日から帰る予定でした」
トメ「聞いてないわよ!」
トメ友人「いいからあなたは墓の準備をしなさい」

なぜこのふたりが友人でいるのかまだよくわからない。

続きを読む

トメ「どこの馬の骨ともわからない嫁をもらってやった」若者「ちょwwwババアwwwこんなところで嫁いびりかよーまじ勘弁www」→ 隣のテーブルの若者が...

このエントリーをはてなブックマークに追加
241: 名無しさん@HOME 2010/03/16 16:42:21
法事の帰り、トメと一緒に外食することになった。

せめて食事のときくらい静かにしてればいいのに、
「どこの馬の骨ともわからない嫁をもらってやった」だの
「家柄が違う」「他に良縁は一杯あった」だの、
トメがぐちぐち言うのでせっかくの食事なのに食べた気がしない。
トメは調子にのって主人が〆ても聞かずに罵詈雑言。
私はうんざりしながら聞き流していると、
「ちょwwwババアwwwこんなところで嫁いびりかよーまじ勘弁www」
「肘着いて握り箸の婆の家柄ってなんだよwwww」
と、隣のテーブルの若者がひそひそpgrしているのが聞こえてきた。

自分の舌が発する音にしか興味のないクソババには
隣のテーブルの若者達の嘲笑がしばらく聞こえてなかったようだが、
一足先に席を立った若者に通りすがりに、「おばさん、唾飛んでますよ」
と注意されて、真っ赤になって黙ったのはざまぁwwwだった。

続きを読む

トメ「どうせ私は皆に嫌われてるんだよ」→ DQNで絶対に謝らないトメが泣き言を言ってくるようになった...

このエントリーをはてなブックマークに追加
217: 名無しさん@HOME 2007/01/06(土) 13:20:55
じゃあババが16年前の軽いスカを。
夫が子供の頃からDQNで、絶対に謝らない、短気、暴力、酒、借金、
子供の友達も気に食わなければ殴って追い出す、近所でも評判の危ない人だったトメ。
当然激しい嫁孫イビリ、子供にも見放され、
老後を一人で過ごしていたが(ウトはとっくに離婚して再婚済み)
気が弱くなったのかたまに泣き言を言ってくるようになった。
思う所があるのか
「どうせ私は皆に嫌われてるんだよ」とオイオイ泣くのでウザいことこの上なし。
同居は絶対しないが、もう年なのでホームへ入れと言いに行った時の事。
義弟が「オレは結婚しない。好きな人に苦労かけられん」と言うと
トメは「私が悪いんだぁー!」と号泣、さらに
「嫁1(私)は長男の嫁の癖に私を捨てるし、嫁2は私に会いにも来ない。
息子が来ないんだから嫁が来てとりなすものなのに、私が悪いから来ない。
夫は女を作って出て行ったのも私が悪いんだー!
挙句に3男には私が悪いから結婚しないと言われたー!
嫁1&2!私が悪いって思ってるだろう!!
私が居なければ幸せだと思ってるだろう!!」

私「ハイ!!」嫁2「ヘイッ!!」
夫「ブッ、ちょっとwwヘイッてww」、夫弟「何言ってんだよお前wwヘイッてww」
夫弟2「お姉さんwww」、私「ぶあはははーーヘイッて!ヘイッて!」

トメは唖然とした後暴れだしたので逃げ帰ってきた。
色々とあったけど無事に老人ホームに入ってもらえました。
90になるけどまだまだ元気…

続きを読む

コウト「次で絶対に合格する!」息子「おじちゃん、お受験するんだー。幼稚園?小学校?どっち?」→ 笑顔で爆弾投下wwwwww

このエントリーをはてなブックマークに追加
435: 名無しさん@HOME 2010/03/30 13:04:31
大学を1年で中退して以来5年以上フラフラしてたコウトがまた大学を受験したいと言い出した。
でもこれ二度目で、そのときには義両親に予備校代100万かけさせたあげく
予備校には「知り合いがいなくて行きにくい」とほざいてロクに通わず、受験シーズンには
「お腹が痛い、ロタウイルスにやられた(でもゲーセンには行く)」で一校も受験せず。
(願書は出していて、受験費用だけで30万超え)

そんなだったので、ああそう早く氏ねバーカとしか思わなかった。
トメがやってきて「応援してあげて頂戴、反対してるお父さんを説得して頂戴」とほざいた。
もちろん断固拒否したが、3歳長男がトメに向かって

「○男おじちゃん、お受験するんだー。幼稚園?小学校?どっち?」

と笑顔で爆弾を落としたw
もちろん中学校以降の存在を分かってないだけの話なんだけど。
(そしてご近所で幼稚園・小学校受験が多かったので、中途半端に「受験」を知ってる)

普通に考えれば幼児ネタの笑い話なのに、ある意味核心ついてるのでトメは落ち込んでいたw
小学校の頃から問題児だったらしいからね。
孫ちゃんが悪いわけじゃないけど、○が聞いたら傷つくからしばらく会わせないほうがいいわねだって。
嫌味のつもりなんだろうけど、ラッキーww

続きを読む

自称大の子供好きなコトメがいる。 コトメ「子供はこうしなきゃダメ!そんなんじゃダメ!」← おまえ独身だろwwww

このエントリーをはてなブックマークに追加
463: 名無しさん@HOME 2010/03/31 19:38:08
いいスレ発見!!
私の思い出を語らせてください。

自称大の子供好き(絶対嘘。育てやすい子かつ自分の機嫌のいいときでしか可愛がれないタイプ)な小姑がいます。
法事で集まったときも、私や親戚内のnew幼児もちに、上から目線の育児論を大展開。
「こうしなきゃダメ」「そんなんじゃダメ」と、人の育児を否定するのが大好きらしい。
みんなハイハイ聞き流してたんだけど、夫の曾祖母がニコニコしながら
「で、小姑ちゃんの子供はどこだい?ばあちゃんにも抱っこさせとくれ」
と小姑に向かって手を広げた。
小姑、独身(当時30代前半)なんだけどww

周囲に言われてばあちゃんびっくり。
「あれれ、いつの間にどんだけ産んだんだろうってばあちゃん嬉しくなっちゃったのに。
まあ良かった、ばあちゃんまだボケてなかったんだねえ」

ばあちゃんにつられて笑う一同。ただし小姑をのぞく。
で、たったいま小姑が独身だと聞いたばかりなのに
「で、だんなさんはどこだい?小姑ちゃんの子供ならきっとそりゃあ可愛いよぉ。
ばあちゃんもうこんな年なんだから、出し惜しみしないでおくれよ。
(周囲を見渡して)聞いてるかい?だんなさん。頼んだよお」

またも和やかに笑う一同。ただし小姑はのぞく。
(形だけでも笑って流しときゃいいのに、それすらできない光景はかなりイタかった)

あのときのばあちゃんは輝きは今でも忘れません。
あ、小姑はまだ独身です。

続きを読む