最新の記事
最新コメント

恐怖を感じた話

じぃじ「最近は変な奴がうろついているから!!」娘「えぇ...」→ 元刑事の実父がボディーガードをすることに...

このエントリーをはてなブックマークに追加
140: おさかなくわえた名無しさん 2013/04/10(水) 22:13:06.37 ID:ieN4sxA/
ちょっと身内が引き金となってしまった『修羅場』を話してもよろしいですか・・・?

一年程前の事なんですが、娘が私立の小学校に電車通学する事となり、
元刑事の実父(以下じぃじ)が『最近は変な奴がうろついているから!!』と
孫娘のボディーガードを名乗り出てくれたので、こちらからお金を出して、暫く
通学についていってもらう事にしました。

最寄り駅には同じ学校の生徒は一人も居ませんが、途中乗り換える駅で同じ学校の友達もでき、
平穏に日々が過ぎていると思っていた頃の事です。

その日もじぃじが娘を送り、友達と合流しているのを見届け、安心して家に帰ろうとしていました。
もちろん反対方向の電車ですから、がらがら。
呑気に本を読みながら電車に揺られていると、いきなり隣に誰かが座って来たそうです。

(こんなに席が空いているのに、わざわざ近くに座らんでも・・・・・)

少し怪訝に思いつつも、本から目を離さずに、ちょっと隣へ体をずらす。
すると隣に座った人も、体をずらして更にじぃじに密着。

続きを読む

私の実家は所謂拝み屋。トメ「あなた呪われてる!」私「え?」→ とうとうトメにバレてしまった...

このエントリーをはてなブックマークに追加
81: 1/2 2011/07/14(木) 22:23:26.63 0
心霊話なのでお嫌いな方はスルーしてください。






私の実家は所謂拝み屋。
とはいっても、それで家計を維持できるような立派なものではなく、
普段はごく普通の生活をしていてご近所さんやその伝で頼まれた時だけ
副業というか、そういった感じでやっております。
兄弟もある程度のことはできるようにしてあるそうですが、私だけは生まれたときに亡き曾祖母
(かなり霊力が強かったとかで、それ関係の親戚には強い影響力があったとか)から
「この子は業を背負って生まれた、だから身を守る最低限のこと以外は教えるな」
と厳命されていたそうで本当に最低限の事しか知りません。
夫は私の家も、そういった事情も知って結婚してくれましたが、
トメは元々夫に別の女性を宛てがうつもりでいたのもあって私を嫌っていたので、
夫と相談して業云々は隠していました。

けれど人のロに戸は立てられないというもので、
どこからか曾祖母の言葉を知ったトメが我が家(近距離別居)に突撃。
「そんな呪われた嫁を押し付けられたなんてムチュコタンが可哀想!
 大事なムチュコタンが不幸になる前に返品してやるからとっとと別れろ!
 どうせ腹の中の子も呪われた子だろう、おろせ!(妊娠中でした)」
とギャンギャン騒いだので、仕方なく真実を教えることに。

続きを読む

私「トメさんに水銀飲まされそうになった...」旦那「冗談だろ?w」→ 身の危険を感じで実家に逃げた結果...

このエントリーをはてなブックマークに追加
280: 名無しさん@HOME 2011/08/08(月) 13:08:51.81 O
同居を初めてすぐに妊娠した。
そしたらトメにほうずきを渡された。
コーヒーを入れて少し席を離れたら、水銀の体温計が割られてカップに入っていた。
体にいいお茶なの、とわけのわからない葉っぱの入ったパックをたくさん渡された。
お風呂場のタイルにシャンプーかボディソープがまかれていた。
頂き物だから、と生肉を食べさせようとする。

とてもわかりやすく、引っ掛かることはなかったが、身の危険を感じて旦那に事情を話し、実家に逃げた。
(旦那は半信半疑だったが、流産を経験したあとの妊娠中でナーバスになっているんだろうと承諾)

無事に娘が産まれたが、しばらくは恐怖から家には戻らなかった。
娘を会わせることになった経緯は省くけど、その後トメが娘の唇にハチミツを塗りたくり、寝ている娘の頭の周りや手の周りにビー玉を置いているのを旦那におさえられたため、絶縁。

続きを読む

溺愛する息子が机の引き出しにアイドルのスクラップを貯め込んでいた → コトメ「こういうのはまだお母さんでじゅうぶんでしょおおおおおお!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
324: 名無しさん@HOME 2011/08/12 01:34:58
出会った直後のデキ婚→貢いだ挙句あっという間に離婚、という
ありがちなダメ女の王道パターンをなにかと突き進む40代小姑。


続きを読む

【恐怖】老人「アバズレやないか調べるたい」私「!?」→ 見知らぬ老人がスカートの中に入っていた...

このエントリーをはてなブックマークに追加
855: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/03(月) 02:31:28.36 ID:2ikn4kxu
見知らぬ老人がスカートの中に入ってきて警察沙汰になった

新婚子なし夫婦でこの週末、九州にある旦那の実家に行ってきた
義父は長期入院中、高校生の義妹は留守、
良義母は免許がないので
旦那が帰省する度に旦那の運転で買い物に行く

今回は家具と、ガーデニング用品で車がなくて買えなかったものなど
車でいろいろ買い物に行くということになったが
貧血気味だった私が新幹線の中で倒れかけ
顔色も相当悪かったようで、留守番してるように配慮してもらえた

旦那が高校卒業するまで使ってた独身時代の部屋が
ベッドも机もそのままの状態で残っているので、
リビングが落ち着かないなら旦那の部屋のベッドで寝ててと言われた
夕食の準備の手伝いなども控えてるのでお言葉に甘えて寝かせてもらった

私はちょっと問題ありなくらい、眠りが深い
阪神大震災を関西地区で経験したけど起きず(無傷)
東日本の震災時は東京で震度5強だったけど
昼寝してて気付かず、夕方テレビをつけて愕然としたほど

旦那の部屋でシングルベッドで爆睡してたら、何やらもぞもぞする
睡眠時は自分の現在地などあまり把握しておらず
一緒に寝ている旦那がいたずらでもしてるのかと思って
半分起きてる状態で、キャッキャキャッキャじゃれていたけど異変に気付いた

私のスカートに頭を突っ込み、すごい力で開脚しているのは旦那ではなく老人だった

続きを読む

【修羅場】?「ジャラ...ジャララ...ハァハァ」私「なに...?」→ 謎の音がもの凄い速さで近づいてくる...

このエントリーをはてなブックマークに追加
805: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/31(金) 10:19:21.36 ID:NjSVe3Hn
私の家は田舎の山奥で、しかも他の民家から離れて一番奥にぽつんと建っている。
ある夜、職場の歓送迎会があり、お酒もちょっと飲んで、タクシーで帰宅した。
いつものように大きな通りで下りて、酔い覚ましに家までの300mほどをとぼとぼと歩いて帰っていると、ジャラ・・・・ジャララ・・・・と背後から音がした。
山奥の一本道で外灯も無く、木々の間からこぼれる月明かりだけが頼り。
音がしたほうをじっと見ても暗闇ではっきりとはしない。
気のせいかと思い、また歩を進めるとまたジャラ・・・・ジャララ・・・・、そしてかすかに生臭い匂いと、「ハァハァ」と息遣いも聞こえる。
変質者?と思った瞬間血の気が引いた。
ちょっと離れた団地で、痴漢騒ぎがあったばかりの頃で、犯人はまだ捕まっていない。
家まであと200mほど。大声を出すより急いだほうが早いと思い、少し急ぎ足でまた歩き出した。
ジャラ・・・・ジャララ・・・・、ついてくる。
あと100m。家の明りが見えるようになって、私は走り出した。
さっきまで何かを引きずるように聞こえたジャラジャラという音が、ジャンジャンと地面を叩きつけるような音に変わった。
怖さで、泣きそうになりながら、家まであと15mで足が絡まって転倒した。
音はものすごい速さで近づいてくる。
「きゃー!!!!!」と絶叫した私の声で家族が慌てふためいているのが気配でわかった。
ここまでが私の修羅場。

こけた拍子に破れたワンピース、すりむいてあちこち血まみれ、怖くて気を失って倒れていた私の背中に、鎖を引きずって深夜徘徊していた犬(豆芝)が仁王立ちして尻尾を振っているのを見つけたのが家族の修羅場。

続きを読む

【虐待】職員「大丈夫ですか!アナタを保護します!」私「え?」→ 突然児童相談所の職員が現れて一時保護された...

このエントリーをはてなブックマークに追加
23: おさかなくわえた名無しさん 2013/04/01(月) 17:43:58.43 ID:eiBpIh7d
いろいろフェイクを入れています

小学生のとき、突然児童相談所の職員が現れて一時保護されたことがある
時々は悪さをしてげんこつを食らうようなことはあったにせよ
虐待といわれるようなことは一切ない両親だったのに
家に帰るのに1年半かかった
その間は学校にも通えず、1年近くは親にも会えないまま
最初は二度と家に帰れないのではという恐怖と不安に襲われながらも
「悪い子だと帰れないんだ」と思い、泣きもせず非常に聞き分けのいい子を演じていた
両親は「あの家は子供を虐待していた」と噂になったせいで
自分が戻った時には職業も住所も変わっていた
そのころには自分も施設に馴染んでしまい
両親や弟妹との関係も壊れてしまった
一時保護そのものは必要な制度だと思う
でも一度保護されてしまうと「これは間違いだ」という訴えが全然通用しない
本当に虐待してる親も同じことを言って怒鳴り込んでくるし
虐待されてる子はみんな「何もされてない」って言うものなんだそうだ
自分が帰れたのも誤解が解けたわけじゃなくて「家族関係が修復できた」から
修復どころかめちゃくちゃにされたわけだが
あれは国家の拉致だったと今でも思う

続きを読む

黒人「やんのか?」白人「あぁ?上等だよ!」私「怖えええ..」→ 目の前にいた黒人と白人が喧嘩を始めた...

このエントリーをはてなブックマークに追加
922: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/21(木) 02:47:16.14 ID:2nl9y9NX
20年くらいまえ、ニューヨークに旅行に行った
ブルックリンで深夜二時くらいに地下鉄に乗ってたら目の前で
白人と黒人がケンカを始めた
自分の足元に、殴られて血まみれの黒人が倒れこんできたのが修羅場。
その後誰かが通報して電車が停まり、けんかした二人はどっちも連れて行かれ、
警官が来て「何か見たか?」って聞いてきたけど英語分かりませんって言った。
その後電車は動き出したけど、車両内の黒人の10代のワルガキっぽいの数人が興奮して
「見たかいまの!」「俺ならあんな奴一発だぜ」的なことを言って椅子の上に飛び上がったりして、
いかにも暴れたがっていたのがまた怖かった。

続きを読む